この記事の所要時間: 47

外壁塗装のゆず肌

ゆずの表面のような、凸凹模様を「ゆず肌」といい、そのゆず肌を付ける事を「ゆず肌仕上げ」と言います。
外壁塗装の仕上げ方法として人気が高く、多くの住宅で採用されています。
本記事では、ゆず肌の作り方、作る上での注意点に触れていきます。

ゆず肌仕上げのメリット

ゆず肌仕上げをされている外壁と、そうでない外壁を見比べると、当然ゆず肌の方がよりきめ細かな模様となります。
従って、塗装色の表情の変化を十二分に楽しめるようになります。
外面塗装を行うならぜひ施しておきたい仕上げですね。

ゆず肌仕上げってどうやって作るの?

ゆず肌がどういうものか、その人気の高さも分かった所で、ではどうすればゆず肌仕上げにすることが出来るのでしょうか?

まず、塗装は一般的に「下塗り」「中塗り(=主材)」「仕上げ」の3工程を踏みます。
ここの「仕上げ」でゆず肌仕上げに加工していきますが、一番ポピュラーなのが吹き付け塗装による方法です。
粘度の高い塗料を口径を小さくした乱糸ガンという吹き付け用器具(特殊なスプレー)に取り付け、凸凹をつけていきます。
この凸凹が後ほどゆず肌のように見えてくるというわけです。

ローラー手塗タイプ

ローラーによる仕上げ方法に、「さざ波模様」というものがありますが、この上にトップコートを塗装すると模様が滑らかになり、さざ波というよりゆず肌模様になることがあります。
ただし、この方法は「さざ波模様のはずが、意図せずにゆず肌寄りになってしまった」というもののため、通常は吹き付けタイプという認識でよいでしょう。

ゆず肌以外に仕上げ方法ってないの?

ゆず肌仕上げの方法が分かった所で、ではその他の仕上げにはどんなものがあるのでしょうか?
その他の代表的な仕上げの一例を以下に紹介します。

砂壁状模様(リシン):一番昔からある塗装仕上げで、細かな石等を同時に混ぜたアクリル塗料を吹き付けます。
砂壁状模様(じゅらく):リシン吹き付けよりさらに細かいものを混ぜます。
凹凸模様:仕上げ材を専用ガンで吹き付け塗装したり、外壁仕上げ材を厚塗り後に専用ローラーでパターン付けする方法があります。
さざ波模様:さきほど出てきた模様です。高粘度の塗料を鎖骨ローラーを使用して塗ります。
凸状模様:塗料を吹き付けた後、コテやローラーで押さえたり、乾燥後に凸部をカットしたりして作ります。
厚塗りした後で専用ローラーを使ってパターンを付けることもあります。
スタッコ状模様(吹き放し):大柄であるのが特徴で、トップコートのエナメル仕上げをするタイプが一般的です。
骨材入りの塗料を専用ガンで吹き付けてつくります。
スタッコ模様(凸部処理):骨材入りの外壁仕上げ材を専用ガンで吹き付け塗装後、凸部をコテやローラーで押さえてつくります。
また、乾燥後にサンダーカットする方法もあります。

ゆず肌仕上げの注意点

色々な仕上げ方法があるのがわかりました。
さて、この仕上げ方法の中でゆず肌を選んだ時に、注意する点がありますので紹介します。

色は薄い方がよい

ゆず肌は遠くから見るときめ細かな模様となるため、その表情の変化を楽しめるという利点があることは冒頭で述べました。
従って、色は濃いものよりも、薄いものを選ぶとよいです。
濃い色だと、光による色の変化がわかりづらく、せっかくのゆず肌の効果が半減してしまいます。

ゆず肌=欠陥を指す場合もある!?

ゆず肌は正しい塗装方法のひとつですが、中には「欠陥品」を指す場合もあります。
それは、吹き付ける時の塗料の粘度が高すぎると、意図せず凸凹の塗膜ができた場合。
これは明らかに塗装の欠陥なのですが、同じくゆず肌と呼ばれます。
こうして意図せずできてしまったゆず肌は無秩序で汚いものになります。

ゆず肌だから長持ちするわけではない!

塗装の耐久年数は、あくまで塗装の材質等に依存します。
従って、ゆず肌にしたから長持ちする!!といったことはありません。
ゆず肌に適した材質を使って塗装をした場合、あるメーカでは約20年持つというデータがあります。
しかし、当然家の立地や環境、メンテナンスの状態で左右されますので注意です。

まとめ

いかがでしたか。
この記事では、ゆず肌をはじめ、一般的に使われている塗装仕上げの種類や注意点を述べました。
もし、あなたが外面塗装を検討しているなら、外観の美しさだけでなく、その耐用年数や費用についても気になる所でしょう。
塗装の費用は決して安くありません。

・塗装業者を選定するときには、当然知識を持っている業者を選ぶ。
・塗装業者を選んでからも勉強を怠らず、話し合いを積極的に行って、業者任せにしない

この2点を守って、最後には満足のいく塗装が出来るようにしたいですね。

【130万円以上安くなる場合もある業者選び】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社Speeeが運営する「ヌリカエ」です。

ヌリカエの画像 チェックマーク【ヌリカエを選ぶ理由】
  • 設立年数、年間施工数などの審査を通過した業者が登録
  • 約10秒で概算の適正価格が分かる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も45万人以上でトップクラス
  • 無理な営業・急な電話が一切ない
  • 完全無料で利用する事が出来る
【ヌリカエの概要】
ヌリカエでは、約10秒で相場をチェックする事が出来ますので、既に見積もり依頼をした場合でも本当に適正価格なのか比べる事が可能です。
また、急に業者から電話がかかってくるという事もありませんので、安心して利用が出来ます。
分からない事は専門知識の持った専門アドバイザーがフォローしてくれるというのも魅力です。
クレームが多い業者は登録から削除するシステムを採用していますので、優良な塗料会社のみが参加をしています。
断り代行制度もあり、一括見積もりを行った後に自分から業者に断り電話を入れなくても、ヌリカエが行ってくれますので、気軽に利用する事が出来るのもメリットとなっています。