この記事の所要時間: 242

外壁塗装の断熱効果

外壁塗装では、様々な塗料の種類の中から自分に合った製品を選択する事となります。
塗料は耐久性での違いがあるだけではなく、遮熱、断熱の効果がある製品も存在しています。
価格は他の塗料と比べても高いのですが、冷暖房の消費量を抑える事が出来るというのが魅力で、検討している方も多いと思います。

今回は、外壁塗装で断熱効果のある塗料について焦点を当てて記載していきます。

断熱効果って本当にあるの?

断熱効果のある塗料を外壁や屋根に塗る事で、家が涼しくなり快適に過ごす事が出来ます。
では、実際にどのくらいの効果があるのか、という所まで気になりますよね。

住んでいる地域や状況にもよりますが、断熱効果は数字で見ると2度前後となっています。
そのため、あまり温度は変わってないように見えます。
体感温度としては、非常に効果のある塗料だとは思いますが、価格が高い割にと思う方も中にはいるかもしれません。
実際に冷暖房の消費量も抑える事が出来ている家庭も多く、効果はあります。

遮熱塗料と断熱塗料の違いは?

遮熱塗料も断熱塗料も同じような効果ですが、異なります。
遮熱塗料は、保温効果や防音効果がないのに対して、断熱塗料は保温効果や防音効果があります。
ただし、断熱塗料の方が遮熱塗料よりも高くなるデメリットが挙げられます。
どちらの塗料が良いというのは、住んでいる家の状況にもよりますので、外壁塗装業者の提案を色々と聞いておくと良いでしょう。

業者選びは慎重に

断熱効果の取扱いがある業者で、誇大に宣伝するような所は避けたい所です。
先ほども記載した通り、個人によっても大きく体感温度というのは変わってきます。
そのため、業者を信じて塗装をしたが効果が感じられないと言った事態になる可能性もあります。

どの製品にもメリットもあれば、デメリットもあり、自分に合った塗料を提案してくれるような業者でなければなりません。
見積書の価格だけを見るのではなく、サービス面や保証面でもしっかりとサポートをしてくれるよな業者に依頼をするようにしましょう。
そのためにも、色々な業者と比べる必要があります。

ガイナはどうなの?

よく断熱塗料と言うと、ガイナという言葉を良く耳にします。
断熱塗料では非常に有名な塗料で、数多くのメディアにも掲載されており、利用している人も多くいます。
ロケット技術を利用して製作された塗料という事もあって、非常に高い効果があるようです。

実際に冷暖房の消費を抑える事が出来たという実例もあり、メリットのある塗料となります。
価格は高いですが、耐久面でも優れており、コストパフォーマンスも良いでしょう。

ただし、塗装をする家の状況によっても効果は異なります。
実際に冷暖房の消費が抑えられたという実験が本当なのは事実ですが、日当りや温度も地域等によっても異なります。
一番重要な事は、自分の家に合った塗料を選択するという事です。

ひとつの塗料をゴリ押ししてくるような業者というのは、危険かもしれません。
しっかりとメリット、デメリットを伝える所に依頼するようにしましょう。

【130万円以上安くなる場合もある業者選び】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社Speeeが運営する「ヌリカエ」です。

ヌリカエの画像 チェックマーク【ヌリカエを選ぶ理由】
  • 設立年数、年間施工数などの審査を通過した業者が登録
  • 約10秒で概算の適正価格が分かる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も45万人以上でトップクラス
  • 無理な営業・急な電話が一切ない
  • 完全無料で利用する事が出来る
【ヌリカエの概要】
ヌリカエでは、約10秒で相場をチェックする事が出来ますので、既に見積もり依頼をした場合でも本当に適正価格なのか比べる事が可能です。
また、急に業者から電話がかかってくるという事もありませんので、安心して利用が出来ます。
分からない事は専門知識の持った専門アドバイザーがフォローしてくれるというのも魅力です。
クレームが多い業者は登録から削除するシステムを採用していますので、優良な塗料会社のみが参加をしています。
断り代行制度もあり、一括見積もりを行った後に自分から業者に断り電話を入れなくても、ヌリカエが行ってくれますので、気軽に利用する事が出来るのもメリットとなっています。