この記事の所要時間: 254

外壁塗装のチョーキング現象

外壁塗装を行うタイミングとしては、10年に1度とか言われていますが、塗料のグレードなどによっても異なりますので、一概には言えません。
あくまでも目安となるわけですが、グレードの高い塗料を使用している場合には、20年持つような塗料もあります。
そういった場合の塗り替え時期のタイミングを見るという意味でも、チョーキング現象は役に立ちます。

今回は、外壁塗装のチョーキング現象について焦点を当てて記載していきます。

チョーキング現象とは?

そもそもチョーキング現象というのは一体何なのでしょうか。
チョーキング現象は、外壁を手で触った時に白い粉が付く事を指しています。

チョーキングというのは、学校にもあったチョークの意味と同じ事です。
触っただけで塗り替えのタイミング分かるので、業者にいちいち見てもらう必要もありません。
数年に1度、自分の家の外壁を触れば良いのです。

外壁塗装の業界では訪問販売によるトラブルも多いため、まずは本当に塗装が必要なのか、チョーキング現象で確かめるようにしましょう。
その上で必要となれば、複数の業者に見積もり依頼をしてもらえば良いわけです。

見積もり依頼、現地調査、相談自体はどこの業者も無料で行っていますので、気軽に問い合わせをする事が出来ます。

チョーキング現象はなぜ起こる?

外壁は常に太陽の光、風、雨などに晒されており、日々劣化しています。
劣化が起こると、外壁に白い粉が吹くようになりますので、必ず修繕をしておく必要があります。
紫外線による樹脂の分解などによる現象と言えます。

このまま放置をすると、外壁の割れ目からの雨水侵入での腐食、ひび割れでの耐久性の低下などを引き起こし、大機な修繕が必要になる可能性も出てきます。
外壁塗装で済む内は早めに手を打って、しっかりと修繕するようにしましょう。

チョーキング現象の対処法

チョーキング現象を発見したら、まずはそれが本当に塗装が必要なのかを判断しなければなりません。
単に外壁が汚れているだけかもしれないためです。

うっすら白い粉が付く場合には、外壁塗装を行う必要性はありません。
しかしながら、真っ白になる場合には外壁塗装の必要性が出てきます。

判断が付かない場合には自己判断する事なく、業者に診断をしてもらうと良いでしょう。
前回の塗装からまだ数年しか経過していない場合でも、チョーキング現象になる可能性は十分にあります。
数年程度の場合には、チョーキング現象が発生したとしても、緊急に工事を行わなければならないという事もありません。
あくまでも検討しなければならない程度です。

業者の診断は無料で行っている所も多いので、気軽に問い合わせをしてみると良いでしょう。

すぐに契約をする事はやめよう

チョーキング現象になったからと言って焦る必要はありません。
前述した通り、あくまでも検討する程度となっています。
焦る事なく、しっかりと業者を見極め、自分に合った業者を見つけ出す必要があります。

特に訪問販売の場合には気をつけるようにしてください。
即日契約を求めてくるような所は特に注意が必要です(当日契約で大幅割引など)。

色々な業者と比較をして、価格やサービス、保証などを比較するようにしましょう。
そうする事で、自分に合った業者を見つける事が出来ます。

【130万円以上安くなる場合もある業者選び】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社Speeeが運営する「ヌリカエ」です。

ヌリカエの画像 チェックマーク【ヌリカエを選ぶ理由】
  • 設立年数、年間施工数などの審査を通過した業者が登録
  • 約10秒で概算の適正価格が分かる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も45万人以上でトップクラス
  • 無理な営業・急な電話が一切ない
  • 完全無料で利用する事が出来る
【ヌリカエの概要】
ヌリカエでは、約10秒で相場をチェックする事が出来ますので、既に見積もり依頼をした場合でも本当に適正価格なのか比べる事が可能です。
また、急に業者から電話がかかってくるという事もありませんので、安心して利用が出来ます。
分からない事は専門知識の持った専門アドバイザーがフォローしてくれるというのも魅力です。
クレームが多い業者は登録から削除するシステムを採用していますので、優良な塗料会社のみが参加をしています。
断り代行制度もあり、一括見積もりを行った後に自分から業者に断り電話を入れなくても、ヌリカエが行ってくれますので、気軽に利用する事が出来るのもメリットとなっています。