この記事の所要時間: 436

外壁塗装の塗料の種類

外壁塗装を行う際の塗料には種類があります。
その種類によって価格はもちろん、寿命、保証なども大きく変わってきます。
そのため、業者からは自分に合った提案というのをしてもらわなければなりません。

まずはどんな塗料があるのかを把握しておかねれば、業者任せにしては本当に自分の家に合っているかどうかを判断する事が出来なくなります。
今回は、外壁塗装の種類の価格・耐久性の比較をしていきます。

外壁塗装の塗料の種類

外壁塗装の種類は大きく分けて4種類となっています。
その他にも特殊な塗料や製品別で様々な塗料の性能がありますが、外壁塗装の工事で使用する塗料は、4つの種類が多いので、まずはその塗料だけでも覚えておくようにしましょう。

アクリル

塗料の中で一番安く、耐久年数が一番低いとされています。
耐久性に関しては5年から7年程なので、コストパフォーマンスを考えるとあまりオススメしない塗料です。
一般住宅でも利用している家庭は、他の塗料と比べると少ないと言えます。

ウレタン

アクリルよりも性能が良く、耐久性が高い塗料です。
耐久性に関しては、7年から10年と言われています。
料金も塗料の中では安めですが、アクリルよりは高くなっています。
一般住宅でも利用する人は多く、外壁塗装業者の見積書の中にもウレタンと記載してあり、気になる人もいるでしょう。

シリコン

シリコンは塗料の中でもコストパフォーマンスが非常に良いとされています。
耐熱性や耐候性にも優れており、非常に人気の高い塗料の種類となります。
耐久性は10年から15年と言われています。

フッ素

塗料の中でも最高級に位置される塗料で、耐久性も15年から20年と高くなっています。
次の塗り替えの時期も長いため、面倒な方にもオススメです。
価格は一番高くなっていますので、予算の都合のある方は、フッ素塗料を検討してみても良いと思います。

その他の塗料

太陽光によって汚れを落としてくれる光触媒塗料・ナノテクと量、デザイン性の高い装飾塗料、冷暖房の消費を抑える遮熱塗料などがあります。
性能が高いというだけあって、価格も高めとなっています。
遮熱塗料で有名な塗料としては、ガイナと言われる塗料があります。
多くの業者でも採用しています。

遮熱塗料や光触媒塗料に関しては、耐久年数がフッ素よりも高くなっています。
その分価格も高くなりますので注意してください。

オリジナル塗料

各販売業者にて、オリジナル塗料を謳って宣伝している業者があります。
オリジナルというだけあって、どこの業者も使っていない唯一無二の塗料です。

ほとんどの業者で採用しているのが、OEM製品となっています。
OEMというのは、他社ブランドの製品を製造する事で、大手塗料メーカーが販売店の発注を受けてオリジナルで作成する製品です。

つまりオリジナル塗料ではありますが、ほとんど大手メーカーが出す塗料と性能が劇的に変わるという事はありません。
訪問販売などで、「オリジナル塗料だから安い」「オリジナル塗料だから性能が良い」などと言った宣伝をしている業者は注意が必要です。
どこの会社で製造されているのか、というのも確認しておくと良いかもしれません。

保証は重要

各塗料によって保証が変わってきます。
当然グレードが低い塗料になると、保証期間も短くなります。

数年で塗料が剥がれたなんていうトラブルも良く聞きますので、そういった場合の保証はどうなるのかというのは、非常に重要ですよね。
保証期間が長いというだけで安心する事なく、必ず保証内容も確認が必要となります。
トラブルの中には、保証対象外のため剥がれた部分を塗装してもらえないという事例もあります。

保証がしっかりとしている会社を選択するというのも、業者選びのひとつの条件となっています。

何の塗料が良い?

塗料の種類に迷った場合には、シリコン塗料を選択しておけば間違いありません。
シリコンの中でも、水性1液型、溶剤1液型、溶剤2液型があります。
溶剤は耐久性がシリコンの中でも高いのですが、油性なので臭いがきついというデメリットが挙げられます。
価格も水性の方が安いので、予算やその人の状況によって変わってきます。

塗料メーカーに関しては、エスケー化研、日本ペイント、関西ペイントが日本最大級となっていますので、この3つが開発、製造、販売をしている塗料であれば、全く問題ありません。

まとめ

どんな塗料を使うにしても、メリット、デメリットがあります。
必ず把握した上で検討するようにしてください。

また塗装を行う際には、3度塗りが基本となっています。
塗料の合計金額が1㎡当たり3,500円というのがラインなので、その金額を目安に見積書の高い・安いと判断してみるのも良いでしょう。

1㎡当たり7,000円以上するような見積書も見た事がありますので、ぼったくりに遭わないように気をつけたい所です。

また、実際に家に塗装をする前には、必ず試し塗りをするようにしておいてください。
塗料の色の確認はもちろんですが、塗料によってつやなどもありますので、後々に思ったイメージと違うというトラブルのないようにしたい所です。
イメージが違うというトラブルは非常に多いので、注意をしておきましょう。

【130万円以上安くなる場合もある業者選び】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社Speeeが運営する「ヌリカエ」です。

ヌリカエの画像 チェックマーク【ヌリカエを選ぶ理由】
  • 設立年数、年間施工数などの審査を通過した業者が登録
  • 約10秒で概算の適正価格が分かる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も45万人以上でトップクラス
  • 無理な営業・急な電話が一切ない
  • 完全無料で利用する事が出来る
【ヌリカエの概要】
ヌリカエでは、約10秒で相場をチェックする事が出来ますので、既に見積もり依頼をした場合でも本当に適正価格なのか比べる事が可能です。
また、急に業者から電話がかかってくるという事もありませんので、安心して利用が出来ます。
分からない事は専門知識の持った専門アドバイザーがフォローしてくれるというのも魅力です。
クレームが多い業者は登録から削除するシステムを採用していますので、優良な塗料会社のみが参加をしています。
断り代行制度もあり、一括見積もりを行った後に自分から業者に断り電話を入れなくても、ヌリカエが行ってくれますので、気軽に利用する事が出来るのもメリットとなっています。