この記事の所要時間: 250

外壁塗装の工事中の洗濯物

外壁塗装は工事中に塗料の飛散リスクが考えられます。
工事期間は家の面積にもよりますが、1週間から2週間程度と言われています。
外壁塗装の期間中は洗濯物を干す事が出来るのか?という疑問に思う方もいると思います。

洗濯物はどうする?

外壁塗装の期間中による洗濯物というのは、外に干さない方が良いでしょう。
その理由としては、いくら養生ネットで防止をしているからと言っても、確実ではないためです。
養生ネットをしていても、塗料が物に付着したという話も実例であります。
しっかりと経験のあるプロの職人が丁寧に刷毛で塗装をしており、飛散リスクが限りなく低いと言っても絶対ではありません。

窓を空ける事も出来ないため、室内で干すにしても乾燥機がない場合には、季節によっては生乾きになります。
臭いもひどいため、乾燥機などが家にない場合には、外壁塗装の期間中はコインランドリーなどを利用する事が一番確実と言えます。
また、親戚・両親の家が近いという場合には、期間中だけ洗濯機を借りると言った事でも良いでしょう。
1週間から2週間程度ですが、業者側からしっかりとスケジュール表をもらえますので、準備・計画を立てておくようにしてください。

洗濯物だけではない

塗料の飛散リスクというのは、洗濯物だけではありません。
車に付着したというケースもありますし、庭で盆栽などを趣味で行っている人は盆栽に塗料が付着したという場合もあります。
業者側の明らかなミスなので、賠償はしてくれます。
しかしながら、お金では解決出来ないような事もありますので、工事の期間中は外にある物で特に大切な物は別の場所に移動しておくようにしましょう。

車のような大きい物に関しては、他の場所に移動する事が出来ないという場合、シートなどをしっかりと歌舞しておくようにしなければなりません。

近隣にも声をかけておく

厄介なトラブルのひとつとして、近隣トラブルが挙げられます。
近隣と隣接している場合には、塗料の飛散リスクもあるため、しっかりと伝えておかなければなりません。
洗濯物を干さない方が良い旨、車などがあれば別の場所に移動しておく旨などを伝えるようにしましょう。
挨拶回りは業者側が代行して挨拶をもらえるため、流れは聞いておくようにしてください。
特に仲の良い近所の方は、自分で挨拶を行っておく事も重要となります。

保証はしっかりと確認をしておこう

業者側のミスが明らかな場合には賠償をしてもらう事が出来ます。
これは業者側が、請負業者賠償責任保険に加入をしているため、第三者期間から保険料がおりるためです。
大半の業者が加入をしている保管ですが、契約前にはこういった保険の部分も確認しておくようにしましょう。

悪徳業者にひっかかった場合、何か工事仲にあっても保証をしてくれないという事もあります。
優良業者がほとんどなのですが、外壁塗装業界はトラブルが多いというのも事実です。
「まさか自分が」と思う事なく、しっかりと確認をしておかなければトラブルになる可能性が高いと言えます。

また、保証の範囲も確認しておくようにしてください。
保証が付いていたとしても、保証の対象外で保証をしてくれなかったというトラブルもあります。
十分に注意をするようにしましょう。

【130万円以上安くなる場合もある業者選び】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社Speeeが運営する「ヌリカエ」です。

ヌリカエの画像 チェックマーク【ヌリカエを選ぶ理由】
  • 設立年数、年間施工数などの審査を通過した業者が登録
  • 約10秒で概算の適正価格が分かる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も45万人以上でトップクラス
  • 無理な営業・急な電話が一切ない
  • 完全無料で利用する事が出来る
【ヌリカエの概要】
ヌリカエでは、約10秒で相場をチェックする事が出来ますので、既に見積もり依頼をした場合でも本当に適正価格なのか比べる事が可能です。
また、急に業者から電話がかかってくるという事もありませんので、安心して利用が出来ます。
分からない事は専門知識の持った専門アドバイザーがフォローしてくれるというのも魅力です。
クレームが多い業者は登録から削除するシステムを採用していますので、優良な塗料会社のみが参加をしています。
断り代行制度もあり、一括見積もりを行った後に自分から業者に断り電話を入れなくても、ヌリカエが行ってくれますので、気軽に利用する事が出来るのもメリットとなっています。