この記事の所要時間: 439

外壁塗装の流れ

外壁塗装を行っている間に関しては、塗料の飛散リスクもありますので、外で洗濯物も干す事が出来ません。
また、車にシートを被せたり、色々する事があります。
いくら業者側が養生シートを行っているからと言っても、絶対に安全という事はありません。

養生シートの間から塗料が飛んで、車に付着したというようなトラブルも発生しています。

外壁塗装のおおまかな流れを知っておく事で、スケジュール管理もしやすいと思います。
スケジュールが分かれば、色々と対策をする事が出来ると思います。

車の移動、大切な物(植木など)の移動、洗濯物はコインランドリーにて乾かすなど、様々な予定を立てやすくなります。
今回は、外壁塗装の流れについて記載していきます。

外壁塗装の流れ

1.業者選び

まずは業者選びから入る事となります。
ここは一番重要と言っても過言ではありませんので、時間をかけなければなりません。

色々な業者と見て、見積もりを取り、比較検討をする必要があります。
単に価格が安い、高いだけではなく、塗料のグレード、サービスの質、保証など、総合的に判断しなければなりません。

何と言っても、担当者の質というのは絶対に見ておかなければなりません。
同じ業者でも担当者が違えば、大きく変わってきます。

まずは、一括見積もりサイトなどを利用して、複数の業者と比べるようにしましょう。

2.打ち合わせ

業者が決まった後には、業者と打ち合わせをする事となります。
予算、要望を伝えて、シミュレーション、提案を提出してもらいます。

その中で納得する業者があれば正式に契約する事になります。
打ち合わせをしっかりしておかなければ、後々トラブルになるというのは目に見えています。
分からない所があれば、絶対に聞いておくようにしてください。

3.挨拶回り

業者が決まり、契約となった後には工事に入ります。
工事に入る前に必ず行う事が、近隣への挨拶回りです。

外壁塗装では、業者の出入りや騒音、臭いなど、様々な問題が出てきます。
近隣に外壁塗装を行う事を説明しておかなければ、トラブルになるケースがあります。
近隣付き合いが悪化すると、非常に住みにくくなりますので、今後の事を考えるのであれば、近隣への挨拶回りというのは必須の項目となっています。

業者側が代理で行ってはくれますが、自分でも、両隣り、向こう3軒、裏の家には行っておくようにしてください。
その際には、業者の名前・住所・連絡先、工事内容、工期は最低でも伝えておく必要があります。
留守で連絡が付かない場合には、挨拶文をポストに入れておくようにしましょう。

4.足場設置・養生

いよいよ工事開始となったら、まず最初に家の塗装をするための足場を設置します。
また、塗料が飛び散る可能性がありますので、合わせて養生シートを家全体に覆って行きます。

この養生シートで家の中が見にくく、防犯対策もしっかりとしないといけません。
足場があるため、侵入に関してもいつもより簡単に行う事が出来ます。
業者側に防犯対策の事についてもしっかりと打ち合わせをしておくようにしてください。

5.高圧洗浄

塗装をする前に外壁塗装を綺麗にする作業から入ります。
汚いまま塗料を塗ると、外壁と塗料の密着度が落ちるため、耐久性に問題が生じます。
そのため、高圧洗浄にてしっかりと汚れを落とした上で、塗装をするようにします。

業者によっては、高圧洗浄+バイオ洗浄にて行う所もあります。
さらに綺麗になるメリットがあります。
費用面では高くなりますので、見積書の時に確認をしておくと良いでしょう。

6.下地処理

洗浄を行った後には、下地処理を行います。
サンドペーパーなどで傷を付ける事で、塗料の密着度を向上させるメリットがあります。

7.外壁塗装

実際に外壁塗装はほとんどの業者で3回塗りが行われています。
下塗り、中塗り、上塗りを行うわけですが、3回は塗らないと、耐久性に問題が生じる場合がありますので注意が必要です。
かと言って、4回など塗り過ぎるのも効果が薄くなる可能性もあります。
その状況によっても異なりますので、色々な業者の提案を聞いて、比較検討する事で、自分の家に合ったプランを見つける事が出来ます。

8.足場解体、養生取り外し、完了

塗り残しなどがないか、しっかりと確認を行います。
無ければ足場の解体、養生の取り外しがされ、作業が完了となります。

確認作業の際には、依頼主立ち会いの元行われるわけですが、素人では分からないと思って適当に行う人も多くいます。
しかしながら、工事後のトラブルも非常に多いため、この確認作業は重要になります。

仕様書や見積書があると思いますが、照らし合わせながら確認をしておくようにしてください。
分からない事があれば、担当者に確認をしておく必要があります。

まとめ

スムーズに塗装工事が終わって、一般住宅であれば1週間から2週間程度で完了します。
湿度、温度によっても塗装は左右されますので、住んでいる地域などによっても異なります。

また、雨が降った場合にも作業が出来ませんので、長くなる可能性があります。
十分に注意をして、スケジュールの計画を立てるようにしましょう。

打ち合わせの際には、予備日もしっかりと確認をしておくようにしてください。

【130万円以上安くなる場合もある業者選び】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社Speeeが運営する「ヌリカエ」です。

ヌリカエの画像 チェックマーク【ヌリカエを選ぶ理由】
  • 設立年数、年間施工数などの審査を通過した業者が登録
  • 約10秒で概算の適正価格が分かる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も45万人以上でトップクラス
  • 無理な営業・急な電話が一切ない
  • 完全無料で利用する事が出来る
【ヌリカエの概要】
ヌリカエでは、約10秒で相場をチェックする事が出来ますので、既に見積もり依頼をした場合でも本当に適正価格なのか比べる事が可能です。
また、急に業者から電話がかかってくるという事もありませんので、安心して利用が出来ます。
分からない事は専門知識の持った専門アドバイザーがフォローしてくれるというのも魅力です。
クレームが多い業者は登録から削除するシステムを採用していますので、優良な塗料会社のみが参加をしています。
断り代行制度もあり、一括見積もりを行った後に自分から業者に断り電話を入れなくても、ヌリカエが行ってくれますので、気軽に利用する事が出来るのもメリットとなっています。