この記事の所要時間: 231

外壁塗装の気温

外壁塗装では塗料の関係上で適した気温があるという事が、インターネットにて記載されています。
外壁塗装は家の耐久性を向上させるために行うわけですが、耐久性を向上させるにはしっかりとした乾燥の時間が必要となります。
その乾燥という部分を考えると、外壁塗装に適した気温というが出てくるわけです。

外壁塗装に適した気温は?

気温5度以下で85%以上の湿度がある場合には、塗料の乾燥に大きな影響が出てくるため、塗装工事を避けると言われています。
しかしながら、日本は島国という特殊な場所にあるため、気温や湿度というのは非常に特殊です。
気温5度以下で85%以上の湿度に該当しない時期というのは、滅多にありません。

特に塗料の開発も進んでおり、日本に適した製品があります。
そのため、適した気温はあるもののその時期を待つ必要はありません。
むしろ、その時期まで待って外壁塗装を行うタイミングを逃したという事のないようにしたい所です。

家の耐久性というのは日々落ちていきます。
そのため、気温が適した時期を狙って行っていたでは手遅れになる可能性があります。

とりあえず業者に診断してもらう

外壁塗装は塗料のグレードにもよりますが、10年に1度のタイミングで行うのが一般的です。
→「塗料の種類別の価格、寿命」はこちらを参照してください。
おおよそ10年に1度になった場合、チョーキング現象になった場合は、プロに現地調査をしてもらうのが一番確実な方法と言えます。
現地調査自体は無料で行っている業者ばかりなので、気軽に問い合わせをすると良いでしょう。
行った方が良い、行わない方が良いの判断はプロに任せる事は一番確実です。

地域によっても適した時期や工法は異なりますので、診断をしてもらう際には地元に特化した業者に依頼する事が一番確実な方法と言えるでしょう。

スケジュール確認をしておこう

時期によって雨が多く湿度が高かったり、気温が低い時期があります。
そのため、予定通りに工事が終わるとは限りません。
スケジュールには予備日なども記載してあると思いますので、しっかりと予定を確認しておくようにしてください。
工事には近隣への迷惑もかかるため、予定を近隣の方に伝えるという事もトラブル防止のために非常に重要な事に繋がります。

業者選びが重要

外壁塗装は適した温度によって耐久度が変わると言うよりも、その家に合った工法、塗料で、丁寧に塗装をしてもらうというのが一番の方法となっています。
業者選びを失敗してしまうと、季節に関係なく耐久性に問題が出てくる可能性があります。
また、よくあるトラブルのひとつとして、相場以上の請求をされたという場合も実例で挙げられています。

外壁塗装は高額な取引になるという事もあって、慎重に業者を選ばなければなりません。
複数の業者に相談、見積もり依頼をして、比較検討する事をオススメします。

【130万円以上安くなる場合もある業者選び】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社Speeeが運営する「ヌリカエ」です。

ヌリカエの画像 チェックマーク【ヌリカエを選ぶ理由】
  • 設立年数、年間施工数などの審査を通過した業者が登録
  • 約10秒で概算の適正価格が分かる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も45万人以上でトップクラス
  • 無理な営業・急な電話が一切ない
  • 完全無料で利用する事が出来る
【ヌリカエの概要】
ヌリカエでは、約10秒で相場をチェックする事が出来ますので、既に見積もり依頼をした場合でも本当に適正価格なのか比べる事が可能です。
また、急に業者から電話がかかってくるという事もありませんので、安心して利用が出来ます。
分からない事は専門知識の持った専門アドバイザーがフォローしてくれるというのも魅力です。
クレームが多い業者は登録から削除するシステムを採用していますので、優良な塗料会社のみが参加をしています。
断り代行制度もあり、一括見積もりを行った後に自分から業者に断り電話を入れなくても、ヌリカエが行ってくれますので、気軽に利用する事が出来るのもメリットとなっています。