この記事の所要時間: 236

外壁塗装の期間

外壁塗装を行う際には、業者に依頼する事になると思います。
いくらプロと言っても、足場を組んで、外壁を洗浄して、塗装をして、確認をしてとなると、ある程度の時間はかかります。

外壁塗装の工事中は洗濯物を外に干さない、臭い対策でペットを預けるなど、それぞれの家で準備しなければならない事もあります。
ある程度はどの位の期間、日数が必要なのかを知る事でスケジュールも立てやすくなりますよね。

今回は、外壁塗装工事にかかる期間、日数について焦点を当てて記載していきます。

外壁塗装に必要な期間は?

塗装をする面積によっても当然ながら期間は異なりますが、平均的な30坪から40坪程度の一般家庭であれば、1週間から2週間程度で完了します。
屋根塗装をするのかしないのかという事でも変わりますし、雨の日は塗装工事を行う事が出来ませんので、必要な日数に幅があります。
業者側にてスケジュール表を提出してもらえる場合がありますので、そこで把握する事も出来ます。
スケジュール表がない場合には、事前に業者に確認をしておかなければなりません。
スケジュールに予備日が設定されているのは、先ほども記載した通り雨などが降った場合に利用される日程になっています。
外壁塗装の流れについては、「外壁塗装の8つの流れを知ろう」を参考にしてください。

期間、日数が極端に短いのは大丈夫?

施工期間、日数が短い業者も存在します。
早く工事が終わる事に越した事はありませんので、嬉しいという人の中にはいると思います。
しかしながら、注意しなければトラブルに巻き込まれる可能性があります。

外壁塗装にある程度の日数が必要なのは、しっかりと外壁の汚れを落としたり、塗料を乾燥させたりしなければならないためです。
ある程度の期間、日数は必ず必要になりますので、あまりにも短い工期の場合には手抜きになるかもしれません。

しっかりと塗装した後に乾燥させる期間などを設けないと、耐久性に問題が出てきます。
数年ですぐに剥がれてきたりするので注意しましょう。

悪徳業者の場合には、人件費削減のために工期を短くすると言った事もあります。
特に訪問販売にて契約をした場合、施工は下請け業者が行います。
下請け業者は利益が少ないという理由で、工期を短くせざるを得ない状況になっている場合もあるのです。

目安

・足場設置:1日
・高圧洗浄1日
・養生、下地処理:1日
・外壁塗装:2〜3日
・屋根塗装:2〜3日
・その他の作業:1日
・清掃、足場解体:1日

微妙な場合

工事期間が6日などと微妙な日数の場合には判断が付きにくいですよね。
6日は極端に短いという印象は受けませんが、作業員の人数にもよります。
雨が降らずに、職人の数も多いという場合は早く工事が終わるという事もあり得ます。
いくら業者からスケジュールを伝えられていたとしても、天候によっても変わってきます。
業者から予定表の提出、毎日の報告をしてもらうようにしましょう。

【130万円以上安くなる場合もある業者選び】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、株式会社Speeeが運営する「ヌリカエ」です。

ヌリカエの画像 チェックマーク【ヌリカエを選ぶ理由】
  • 設立年数、年間施工数などの審査を通過した業者が登録
  • 約10秒で概算の適正価格が分かる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も45万人以上でトップクラス
  • 無理な営業・急な電話が一切ない
  • 完全無料で利用する事が出来る
【ヌリカエの概要】
ヌリカエでは、約10秒で相場をチェックする事が出来ますので、既に見積もり依頼をした場合でも本当に適正価格なのか比べる事が可能です。
また、急に業者から電話がかかってくるという事もありませんので、安心して利用が出来ます。
分からない事は専門知識の持った専門アドバイザーがフォローしてくれるというのも魅力です。
クレームが多い業者は登録から削除するシステムを採用していますので、優良な塗料会社のみが参加をしています。
断り代行制度もあり、一括見積もりを行った後に自分から業者に断り電話を入れなくても、ヌリカエが行ってくれますので、気軽に利用する事が出来るのもメリットとなっています。